CFW3.71M33 導入方法 ~ PSP改造とか色々

PSP改造とかCFWとかゲームに関することなど色々紹介していきます。
NEW!! 新着RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CFW3.71M33 導入方法 

PSPの旧型、新型にCFW3.71M33を導入する方法を紹介します。
尚、紹介する導入方法は「TOTALNewbi easyInstaller」で4番を選択して作ったMMSの作成が済んでいる事を前提で説明します。
「TOTALNewbi easyInstaller」を使ったMMS作成方法はここのサイト様に詳しく載っています。
※TOTALNewbi easyInstallerはWindowsVistaには非対応です。

導入方法
PSPのフラッシュメモリを書き換えますので自己責任でお願いします。
万が一PSP本体が壊れても責任は負いません。


PSPを改造したらここにも書いてある通り公式でPSPの修理は受けられなくなります。

1.PSPからバッテリーを抜きます。

2.作成したMMSをPSPに挿入します。

3.JigKick BatteryをPSPにセットします。(自動で電源が入ります)
※1.このときPSP-1000用のJigKickBatteryの場合はPSP-2000ではフタが閉まらないので、しっかりと外れないように持っておく必要があります。
※2.もしPSPのPOWERランプがつかない場合はJigKick Batteryの作成が失敗している可能性があります。

JigKick Batteryをセットしたらメモリースティックのアクセスランプ(PSP左下の上のランプ)が点滅するのを確認してください。
もし「自動で電源は入ったけど点滅しなかった」という場合はMMSの作成に失敗しています。
作りなおしてみましょう。

4.メニューが表示されます。
 ※新型PSPの場合は画面に何も表示されません。

 ×---3.71M33のインストール
 ○---3.71のインストール
 □---メモリースティックにnand-dump.binを作成
 L+R+START+HOME---メモリースティック内のnand-dump.binから復元

最初にnandのバックアップ作成を推奨します。PSPが壊れたときの最終手段としてつかえるので。
nandのバックアップは□を押して、作成が完了次第自動で電源が切れるので、いっかいPCに接続してメモリースティックのルートにある「nand-dump.bin」をPCにコピーしておいてください。

もう一回、MMS挿入→JigKick Batteryを装着でメニューが表示されるので(旧型のみ)3.71M33を導入したい場合は×を押して導入しましょう。

インストール中にJigKick Batteryを抜くと最悪の場合PSPが壊れますので注意してください。
JigKick Batteryのバッテリー残量にも注意して、できれば充電MAXの状態+ACアダプタを使用してインストールすることを推奨します。



旧型の場合:JigKick Batteryをセットしたらメニューが表示されるので、×を押してインストール開始。インストールが完了したら自動で電源が落ちます。

新型の場合:JigKick Batteryをセットしてもメニューが表示されないので、JigKick Batteryをセットした
らメモリースティックのアクセスランプが点滅するのを確認して、点滅しなくなったら×を押しましょう。インストール中も画面は見えないのでメモリースティックのアクセスランプを見て、終わったら自動で電源が落ちるので、PSPのPOWERランプが消えたらインストール完了ということです。

旧・新:電源が落ちたのを確認してからJigKick Batteryと正常なバッテリーを入れ替えます。起動してPSPの本体情報を見て3.71M33になっていれば成功です!お疲れ様でした!


参考になったらクリックお願いします!
fc2ブログランキング



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
UMDリッピング・ISO圧縮
エミュレーター
PSPゲームソフト
セーブデータ配信
MHP2ndG
色んなサイト
人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。