eboot exchange v2.8 ~ PSP改造とか色々

PSP改造とかCFWとかゲームに関することなど色々紹介していきます。
NEW!! 新着RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

eboot exchange v2.8 

takka氏によりリリースされたeboot exchange v2.8の導入方法&使用方法を解説します。

eboot exchange v2.8とは
要求FW5.55や6.00以上のゲームのEBOOT.BINを書き換えて、CFWのバージョンが要求FW以上でなくても起動を可能にするものです。
本来ならばISOからEBOOT.BINを抽出し複合化し書き換えて再構築をしなければなりませんでしたが、このツールを使うことにより面倒な作業をPSPだけで簡単にできます。

更新内容
・最大10MBまでのEBOOT.BINに対応

必要なもの
・CFWのPSP
eboot exchange v2.8


導入方法
1.eboot exchange v2.8をダウンロードし、解凍します。

2.解凍して出てきたebt_exchangeフォルダをms0:/PSP/GAMEにコピーします。

使用方法
※eboot exchange v2.8を使用する前にISOファイルを吸い出しておいてください
 →UMDをリッピング(吸い出し)しよう! PSPFiler編

1.XMBからeboot_exchange ver 2.8を起動します。

2.メニューが表示されるのでISOファイルを選択します。


L/Rトリガーor十字キー←→ : ファイルの選択
十字キー↑↓ : ディレクトリの移動

3.STARTボタンを押してNO PATCH MODEからPATCH MODEに切り替えます。

4.△ボタンを押してEBOOT.BINの抽出、複合化、書き換え再構築を開始します。

5.終了したら[EXCHANGE DONE]と表示されるので×ボタンでXMBに戻ります。

6.ゲームが起動すれば成功です。


ソース:きまぐれblog - eboot exchange 2.8


参考になったらクリックお願いします!
fc2ブログランキング

PSPカスタムブログのZEROです。
この度ブログタイトルを変更したので登録名の変更をお願いします。

Customize Lab
[ 2010/01/05 11:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
UMDリッピング・ISO圧縮
エミュレーター
PSPゲームソフト
セーブデータ配信
MHP2ndG
色んなサイト
人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。